沿革
明 治  6年 4月  現中央区日本橋久松町河岸に喜昇座開場
12年 8月  久松座と改称、開場
18年 1月  千歳座と改称、開場
26年11月  明治座と改称、開場 (座主、初代 市川左團次 )
大 正 元 年11月  「明治座」座主、新派俳優 伊井容峰となる
 6年 1月  「明治座」松竹合名会社に経営移る
12年 9月  関東大震災により焼失
昭 和  3年 3月  松竹の手により現在地に鉄骨鉄筋コンクリート造りで新装開場
20年 3月  東京大空襲により焼失
25年 5月  株式会社明治座を設立
        松竹株式会社より焼け残り建物を譲り受け再建
   11月  明治座竣工
   12月  明治座開場
32年 4月  不慮の災害により劇場焼失
33年 3月  「明治座」増改築完成、新装開場
45年 7月  明治座舞台株式会社を設立
52年10月  東京都台東区より「台東区立浅草公会堂」の舞台管理委託を請負い現在に至る
平 成  2年 9月  社団法人東京都教育文化財団より「東京芸術劇場」の舞台機構操作等業務委託を請け負う
 5年 1月  浜町センタービル竣工
    3月  新明治座開場
 7年 1月  財団法人新日鐵文化財団より「紀尾井ホール」の舞台機構操作等業務委託を請負い現在に至る
23年 3月  東京芸術劇場改修閉館のため受託契約終了
    8月  立川市市民会館舞台管理業務受託 改修のため閉館する25年1月までの契約
24年 4月  台東区生涯学習センターミレニアムホール 舞台管理業務受託
    9月  東京芸術劇場リニューアルオープンに伴い舞台管理業務を再受託
26年 1月  鎌ヶ谷市きらりホール 舞台管理業務受託
29年 9月  八王子学園都市文化ふれあい財団(いちょうホール)照明・音響スタッフ派遣