舞台装置・操作、音響、照明等の管理から運営、大道具・背景の製作まで舞台のことなら明治座舞台にお任せ下さい。

明治座舞台の劇場・ホール管理TOP画像
運営管理劇場のご紹介

明治座

平成5年に竣工した新明治座は、日本の伝統的な舞台形式を基本と
して継承し、歌舞伎劇場で採用されている横長扁平プロポーション
のプロセニアム形式のステージで、最新の舞台機構、照明設備、音
響設備とそれらをバックアップする諸室を有しています。
舞台は厚さ4cmの総檜張りの主舞台と脇舞台、花道から構成され、
プロセニアムは幅20m、美術バトン、回り舞台、大小合わせて7
台の迫り、さらにオーケストラピットや宙乗り装置を備えています。
照明は、シーリングライト、フロントサイドライトはもとより、
サスペンションライト、タワーライト、合計200台近くのカラー
スクローラー付の遠隔操作によるスポットライト、バリライト、
バリライト卓といった装置を持ち、これらを生かす最新のコンピュ
ーター制御によるデジタル調光装置の採用と524本もの調光回路
数によって多彩な演出に応えます。
音響設備についても、メモリーレコーダー8台を取り入れた充実した効果卓及び効果機器を備え、歌謡ショウなどに対しては拡声卓の機能の充実を、またミュージカルに対してはワイヤレスマイクを最大限に取り入れられるような設備としています。
長年にわたって磨いてきた確かな技術とノウハウの蓄積。さらに現代の多様化する演劇に対応可能な最新の舞台設備を得て、私たちは高い評価と信頼をいただいていることを誇りにしています。
明治座の風景
明治座
所在地 : 東京都中央区日本橋浜町2-31-1
連絡先 : 03-3660-3939
ホームページ : http://www.meijiza.co.jp
bg_footer